「湘南台駅」より徒歩7
湘南台南保育園となり
TEL 0466-41-5525

予防接種

予防接種

当クリニックでは、インフルエンザ、および肺炎球菌ワクチンの接種を行っております。
在庫の確認がございますので、事前にお電話にてご確認・ご予約ください。

インフルエンザ

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染による疾患で、発症すると38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。お子様では稀に急性脳症を、ご高齢者や免疫力の低下している方では肺炎を伴うなど、重症化することがあります。
そんなインフルエンザを予防する有効な手段の一つに、流行前のワクチン接種があります。インフルエンザウイルスは毎年違うタイプが流行するため、それに対応するために予防接種も毎年行う必要があります。
インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~3月頃に流行するので、毎年11月上旬~12月に接種しましょう。
※ワクチンは年により不足することがあります。恐れ入りますが電話で在庫の確認をお願いします。

肺炎球菌ワクチン

肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(成人の肺炎の20~40%がこの菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(ただし、すべての肺炎 を予防できるわけではありません)。
65歳以上の方(肺炎によって亡くなる方の95%以上が65歳以上というデータがあります)や、COPDなどの慢性の持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。

接種は、1年を通して、いつでも可能です。ただし、5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出る場合がありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を開けてください。
また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことは、肺炎予防の強化につながりますので、肺炎を予防するためには、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

破傷風ワクチン

破傷風菌は土壌中に広く分布する細菌で、傷口についた土などから体内に侵入し感染します。感染すると、口が開けにくい、首筋が張るなどの症状から、次第に口が開かない硬直感がでて、全身のけいれんを引き起こし、生命の危機に晒されます。
日本では3種混合ワクチンや2種混合ワクチン接種で患者数は減少しておりますが、ワクチン接種の既往のない方やワクチン接種から10年以上経過している方にワクチン接種をお勧めします。

MR(麻疹風疹)ワクチン

麻疹風疹は、はしか、3日はしかと呼ばれる発疹を伴う発熱を認めるウイルス感染症です。非常に感染力が強く、特に風疹は妊婦が妊娠早期にかかると先天性風疹症候群(心臓病、白内障、難聴)の赤ちゃんが生まれる可能性があるため注意が必要です。しっかりと予防接種酢ことが重要です。

料金

  • インフルエンザワクチン 2,500円
  • 肺炎球菌ワクチン 7,000円
  • 破傷風ワクチン 2,000円
  • MR(麻疹風疹)ワクチン 未定